2020-07

転職して嫌われる人の特徴/不動産屋&飲食業で学んだ〇〇な処世術 - 2020.05.08 Fri

(記事を書いた理由)

こんにちは。
ラッキーな宅建士松ジューです。

転職、考えちゃいませんか?

この不安定な社会情勢の渦中、自分が望むにしろ望まないにしろ転職先を探している人はかなり多いのではと思います。

職場と言えばやっぱり人間関係に一番気を揉んだりしますよね?

職場の空気が合わないと布団の中で「仕事行きたくない」「なんかお腹痛い」などと朝起きるのもしんどくなったりするものです。

以前の記事でも何度か言っていますが、私の場合今は主に賃貸物件の家主で生計を立てていて、また宅建士としても不動産業を営んでいますが、そもそものきっかけは居酒屋から不動産屋への転職でした。

飲食業と不動産業といえば、離職率が高く次から次へと人が入ってきてはやめていく業界です。

私自身も飲食業は回らない寿司屋からレストラン、バー、飲み屋やホテルの厨房などたくさんの職場を経験してきましたし、不動産屋に転職してからも賃貸がメインだったり競売がメインだったり売買に力を入れていたり、特色の違う職場をいくつも渡り歩いた経験があります。

そこで気付いたのですが、転職してもその職場でうまくいかない人の特徴というのが見えてきました。

初日の様子でその人が続くか続かないかがほぼほぼ分かります。

ホントは長く居てもらいたいんですが、転職してせっかく会社に入って来たのに早々と皆に嫌われちゃう人。

そういう人には5つの共通点がありましたので解説します。

新しい職場で上手くやっていけるかはやっぱり人間関係による比重がかなり大きいポイントだと思います。
どうかあなたの新生活が軽やかにスタートできますように。


(嫌われちゃう人の特徴第5位)

それでは転職したのに嫌われちゃう人の特徴第5位の発表です。
第5位は「年下パイセンを見下す人」

どこの職場でもいますよね、仕事の経験値ゼロなのに年齢でマウントを取ってくる人。

例えば自分が30歳で、あなたの受け持つ仕事の教育をしてくれるパイセンが25歳だったとします。

パイセンはこの会社で3年働いていてあなたは業界そのものの経験がゼロだったとして、敬語で接する事ができますか?

これははっきり言います。

”絶対敬語で接した方がいいです”。


5つも年下の若造にそんな気、遣いたくないですよね?

わかります。

でもそこで偉そうにしてしまうと年下パイセンの立場がないのです。

パイセンの性格によっても変わりますが、あなたが年齢マウントを発動する事によって多くは3つの反応をするはずです。

まず「萎縮して遠慮するタイプ」
彼は年上のあなたの間違いを指摘しにくくなります。

また「ムカついて意地悪するタイプ」
彼は自分を軽視したあなたをミスに誘導します。

そして一番怖いのが「クールに受け流すタイプ」
彼は心であなたを見下す事を決め、教育の全行程が終わった後過酷なミッションをあなた一人に与えます。

もちろん潰す気です。


では逆にパイセンをしっかり立ててあげたらどうなるでしょうか。

彼は年下の自分を大事に接してくれるあなたに好印象を持ちます。

そして仕事に慣れてきた頃には打ち解けて、自然とタメ口が出てくるはずです。

良好な関係を深めるタメ口なら年下パイセンも悪い気はしません。

まず年下に「ハイ」と返事をする事から慣れていきましょう、最初は意外とムズい。


(嫌われちゃう人の特徴第4位)

転職したのに嫌われちゃう人の特徴第4位の発表です。

第4位は「勝手にやり出す人」

わからなかったら誰かに尋ねる。
これめっちゃ大事です。

これをしないで自分の解釈で勝手に作業を進めてしまうと、業種によっては簡単に1,000万単位の損害が出てしまいます。

わかりやすく食べ物屋で例えると、ちょっと臭いのおかしいマグロがあったとします。

それを未熟な自分の判断で「大丈夫だろう」と注文のあったマグロユッケにして客に提供したら、数日後には店のシャッターに営業停止の張り紙が。

チェーン店であった場合、他の店舗も風評被害を受けてしまいますよね。

食中毒に限らず、不動産の売買でも「土地を間違えて売る」なんて事をしてしまったらゾッとしませんか?


「聞くは一時の恥」と言いますが、他にもわからない事をわかる人に聞く事は大きな意味があります。

それは何かというと、もし結果それが間違いであっても転職したばかりのあなたを責める人はいないという事。

「わからなかったからやる前に聞いた」という行動をした事によって、もし間違いでも責任はありせん。

さっきのマグロの例で言うと、「店長、このマグロちょっと臭いが変なんですけど平気ですか?」って聞いておくだけで、もし客が食中毒になっても自分はちゃんと店長に聞いて出しましたと言えるわけです。

他の業種でもわからないのに自分勝手に仕事を進めてしまって後で二度手間になるなんて事はありますから、未熟な内は特に石橋はビシバシ叩いて渡りましょう。

私は過去に日本酒の徳利に焼酎を入れて出した事があります。


(嫌われちゃう人の特徴第3位)

続いて転職したのに嫌われちゃう人の特徴第3位です。

第3位は「前の所はァ〜と言う人」これは同じ業種で過去に仕事をしていた事がある人が使う言葉です。

時には今の職場に対するチクリと批判を込めて使われる事もありますが、たいていの場合は言い訳です。

第4位にも関連してきますが、自分勝手に仕事をしてしまってそれを誰かに咎められた時に「エエ!?違うんですか?私が前にいた所はこうやっていましたよ!?」と言って注意を素直に聞けない。

前の会社だとかそんなのはどうでも良くて、今いる会社のやり方が求められているのにまるで「自分は悪くない、自分はやり方を知っているし聞くまでもない事だと思った」などと開き直る人。

でも本当はその人もわかってるんですよね、聞く事を面倒くさがって自己流でやったら今ヤバイことになってるって。

早い人だとこの後のお昼休みでもう消えてしまいます。

ミスや間違いは誰にでもあるし、ましてまだ会社に来たばかりの人に完璧を求めちゃあいません。ヘタに取り繕うよりも素直に謝ってサクッと軌道修正した方がダメージははるかに少ないです。

いや、そもそもダメージですらない。

家系ラーメンで働いていた人が二郎系に入って「俺はやり方を知っている」とドヤっても調理法が違うのでその店でのやり方を覚えるのと一緒ですよね。

経験者のアドバンテージを活かすなら我を張るよりも柔軟な適応力を見せつけた方が周囲に対しての即効性があります。

もう一度言いますが、前の所のやり方など求められていない。


(嫌われちゃう人の特徴第2位)

転職したのに嫌われちゃう人の特徴第2位、第2位は「異性に馴れ馴れしい人」

もしくは「気を惹いているように見えちゃう人」

これまでは主に仕事面での特徴を話してきましたが、これは100%仕事とは関係のない、人が誰もが持ち得る感情的な部分、言ってしまえば嫉妬です。

恋、してますか?

その人と会えるから会社に行くって経験、ありませんか?

新しく職場に入って来た人が同性のイケメンや美人だったらそわそわしちゃいませんか?

それはあなたが職場の誰かに恋をしているからです。

その想い人と誰かが喋るたび内容が気になるのは中学生もおっさんも変わりません。

なのであなたが転職して気に入った子に馴れ馴れしくしてると快く思わない人が絶対います。
あなたが気に入った子は他の誰かも気に入っている可能性が高いからです。


女性の場合はもっと危うくて、自分より美人ってだけでハブられたりもします。

まあ私は男なので女性の集団心理の真髄は分かりかねますが、傍から観察してる分にはなかなかエグい。

その目、獣やん…。

話を戻しますが、誰かのお気に入りの人にちょっかいを出す事は仕事とは関係のない、人間の素の感情の部分をタワシで目一杯逆撫でてるのと同じなので、秒速で強烈なカエシをされたりします。

異性の人と喋っていて誰かにいきなり怒鳴られたりした事はありませんか?

その人はジェラシーがもう限界だったのでしょう。
転職したらどうかしばらくは声無き声に注意深く耳を傾けてみてください。


(嫌われちゃう人の特徴第1位)

それではいよいよ転職したのに嫌われちゃう人の特徴第1位の発表です。

第1位は「人の悪口を言う人」

これは良くないですねぇ〜。

ある意味痛恨の一撃。自分が即死しちゃうくらいの巨大なブーメランとなって返ってきます。

まず自覚しておいた方がいいのは「あなたはよそ者」だって事。

転職したばかりで早く皆と馴染みたいからといって、皆と調子を合わせて誰かの悪口を言っていると割と早い段階で詰みます。

気がつくと誰もがあなたの事を悪く言っている地獄のような環境になるでしょう。

そこからの修復はとても難しくて、流れの悪さは仕事を終え家に帰っても濡れた新聞紙のようにぺたりと体に張り付いたまま休ませちゃくれません。

転職したばかりはまだ「よそ者」なので、周囲はあなたの一挙手一投足を観察して値踏みをしている段階なわけです。

周囲がまだあなたの事をよく知らないのに自分たちと同じように分かったような「誰かの悪口」を言っていると普通に「何だコイツ」って印象になって、仕舞いには周りが悪口を言われていた人を引き上げて、その空いたスペースに転職者を蹴落とします。


恐ろしく人間臭い事情ですが、大人って思ってるほど大人じゃなかったりするのでこういう事が普通に起きるんです。

有能とかやり手とされる上司でも評価される部分において特化しているだけで、いったんネクタイを外せば「だらしないおっさん」でしかなかったりしますよね。

もの凄く陳腐な事にこだわったり靴下の柄が左右で違う事も。

大人になりたい。

なので、転職したては聖人君子のように振る舞うのがおすすめです。

誰かに誰かの悪口を振られても「どうでしょう、わからないです」と控え目に答えてニコリと微笑む。

すると周囲はあなたの事を「信用できる奴」と思い始めます。

人は誰かの悪口を聞く時、「この人はいつか自分の悪口も言うだろうな」と直感的に知る。

合う顔合う顔に合わせて悪く言う対象をチョイスしているだけだと薄々気がついているもの。

それでもやめられない、とまらないのはえびせん世代だからでしょうか。


それではおさらいの前に初めて見る人にちょっとだけブログの宣伝です。

この【新宅建パイセンピュアblog】ではこういった転職についての動画の他にも宅建士、宅建試験についての記事もアップしています。

もし興味があればブックマークすると欲しい情報が見つかることは受け合いです。


最後に今回のおさらいです。
転職したら嫌われちゃう人の特徴というテーマで5つの共通点を解説してきました。

まず5位が「年下パイセンを見下す人」
立てましょう。

4位が「勝手にやり出す人」
聞きましょう。

3位が「前の所はァ〜と言う人」
求められているのは今の仕事です。

さらに2位が「異性に馴れ馴れしい人」
しばらくはクールに立ち回りましょう。

そして1位は「人の悪口を言う人」でした。
信頼を得るまでは沈黙が金です。

今回、楽しんでいただけたでしょうか?
これから転職する人はぜひ参考になる部分があったら取り入れてみてください。
応援しています。

それでは最後まで見てくれてありがとう!
またね!

スポンサードリンク

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

【宅地建物取引士】宅建士の始め方~試験勉強+不動産屋未経験者が見る回 «  | BLOG TOP |  » 宅建試験を受験するデメリットベスト5【宅地建物取引士資格】

プロフィール

松ジュー

Author:松ジュー
飲食業から宅建試験をパスして転職しました。
ブログでは宅建試験の事と不動産屋(主に賃貸業務)の中の事を発信していきます。現役宅建士&不動産賃貸業。
好きな物:料理&お酒 ゆで卵

最新記事

おすすめ人気記事(固定記事) Mar 13, 2037
【宅建試験】本番3ヶ月前!何度も落ちてる人の特徴TOP5〜未来の宅建士へ Jul 10, 2020
【宅建試験】やる気が出ない時に観るべき邦画BEST5〜泣いて笑える Jul 03, 2020
【新米宅建士】失敗した時にしていた事TOP3〜立ち直りの方法 Jun 26, 2020
【宅建動画】現役宅建士が気になるコメントのお返事を返す回〜本音です※YouTube版の文字起こしです Jun 19, 2020

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

宅建試験/未経験ド素人の苦難の道 (23)
宅建士が見た不動産屋の中の事&賃貸業務等 (23)
プライバシーポリシー (1)
免責事項及びAmazonアソシエイトについて (1)
おすすめ人気記事 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR